麹町・半蔵門、明治創業のミシュラン獲得店。美味しいうな重や蒲焼を堪能

tel:03-3261-6762

店舗情報

創業 明治42年 うなぎ秋本

蒲焼蒲焼

蒲焼蒲焼

東京・麹町うなぎ秋本は、明治四十二年に創業し、百余年の時を重ねて現在四代目となります。

初代から続く伝統や文化を大切にしながら、時代と共に変わりゆく日本人の味覚に合わせて扱う素材やタレの味わいを微調整し、逸品へと昇華。
料理そのものもさることながら空間やおもてなしも大切にし、ご来店いただく全ての方にご満足いただけるよう心がけております。その想いが認められ、四年連続でミシュラン一つ星を獲得。
気軽なお食事から大切な方をもてなす特別な席まで、様々な機会に、歴史ある当店ならではの技で織りなす秋本の味をご賞味ください。

古き良き日本家屋  数寄屋造

古き良き日本家屋  数寄屋造

数寄屋造

数寄屋造

日本の伝統的な建築様式である「数寄屋造り」。この古き良き空間も、初代から大切にしている、みなさまをお迎えする際のおもてなしの一つです。
接待や会食など大切な席、あるいはハレの日を祝う大切な席に。江戸の情緒あふれる雰囲気のなかでごゆっくりとお過ごしください。

数寄屋造数寄屋造

外観

秋本の歩み

東京・麹町の地でうなぎ秋本開業

明治42年創業。

当時の麹町は日本政府や軍に従事する方が多く出入りする土地でもあり、そういった方々へうなぎを使ったお料理を提供していた初代秋本。タレや焼きの技術といった、現代でも続く当店の礎ができました。 百余年経ったいまでも、伝統を受け継ぎ、当時と変わらぬ味を守り続けています。

三代目で現在の地に移転

現在の四代目に代替わり
これまでの伝統を引き継ぎ、新しい鰻料理を常に模索する現在の秋本。ミシュランを獲得し、知名度が上がった今でも大事にしているのは、肩肘張らず、気軽にご来店いただける空間をご提供することです。昔ながらの日本家屋で、「気軽に楽しむ上質さ」を感じていただければ幸いです。

食材を大事にし、

店主店主

共水うなぎ共水うなぎ

生産者さんとの信頼関係を築くために直接取引を行い、天然にも勝るとも劣らない日本初のブランドうなぎである共水うなぎをはじめ、九州の生産者さんから仕入れる質の高いうなぎのみを厳選しております。

うなぎ

うなぎ

うなぎ

コースで楽しむうなぎ会席コースで楽しむうなぎ会席

接待や会食などでご要望の多い、うなぎ会席。旬の食材を使用し、四季折々の料理が堪能できる内容となっております。様々な種類をご用意しておりますので、シーンに合わせて最適な会席コースをお選びください。

うなぎ

ページの先頭へ